法律相談から依頼までの流れ

電話で相談日の予約  電話番号03−3460−5125
                法律相談の日時を決め,ご持参いただきたい書類をご案内します。
             
             
事務所にご来所     関係資料をご持参の上、お越し下さい。
      
    
   相談       事情をおうかがいし、
                 今後の対処、法的手続が必要な場合には
                 その手続と費用についてご説明致します。
               
   
相談で終了  ご依頼  着手金、成功報酬、費用等を記載した受任契約書を作成します。
                ご不明な点等ございましたらご確認下さい。


 弁護士のご紹介

弁護士 山 崎 和 代
 早稲田大学法学部卒業
 平成元年弁護士登録
 東京弁護士会所属
トップはこちらトップ

相続分はこちら相続分

代襲相続

遺言書作成の目的

遺言書の種類
 自筆証書遺言
 公正証書遺言

遺留分

検認

遺産分割

寄与分

特別受益

相続放棄

料金・費用

問い合わせ

アクセス

 サイトマップ

弁護士法人山崎和代法律事務所

トップ相続分 | 代襲相続遺言書作成の目的遺言書の種類遺留分 | 検認|
遺産分割|
寄与分特別受益|相続放棄|料金・費用問い合わせアクセス|サイトマップ
山崎和代法律事務所のHP
弁護士法人山崎和代法律事務所
代表弁護士 東京弁護士会所属 弁護士 山 崎 和 代
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2−24−6
北口ビル2階
TEL 03-3460-5125
小田急線・京王井の頭線下北沢駅から徒歩1分
地図
 法律相談

 予約・お問い合わせ→ 電話 03−3460−5125
 <受付> 平日9:30〜17:30
 ご不明な点は、お問い合わせ下さい。
 <法律相談料> 30分5250円
 土曜、夜間は予約制で法律相談を行っております。

相続にまつわる、遺言書の作成・相続・遺産分割、遺留分減殺請求などについてのご案内です。

弁護士法人山崎和代法律事務所の会議室
 

 相続の法律相談

 遺言書を作った方がいいのかどうか。.
 遺言書が出てきたがどうしたら良いか。
 遺言書の検認をしないまま放置してしまった。
 自分に不利な遺言書が出てきたがどうしたら良いか。
 遺留分とは何か。
 いきなり遺留分減殺通知が来たがどうしたらいいのか。
 遺産分割の話合いをしなければならないのは分かっているが、親族間でお金のことを直接話したくはない。
 亡くなってから20年もたっているが、遺産分割が未了であるがどうしたら良いか。
 相続人のうち、連絡が取れない兄弟が一人いるがどうしたら良いか。
  ・・・・・・・・
 このようなとき、是非弁護士にご相談下さい。

 相続はデリケートな問題で難しいところがあります。
 法律に従って事務的に進めればうまくいくものでもありません。
 ただ、法律がベースになること、調整がつかない場合には、法律により、裁判所で解決せざるを得ないことも間違いありません。
  

相続・遺産分割・遺言書・遺留分減殺請求 
東京都世田谷区下北沢駅1分

女性弁護士の法律事務所